ル・サントーレのホームページ

ル・サントーレ ホームページ一新

いつもル・サントーレをご愛顧いただき、ありがとうございます。オーナーシェフの片嶋です。この度、兼ねてから懸案だったホームページを一新することになりました。今までも多くの方々から「ホームページが更新されていない」「スマホで見ることができない」「ホームページにクリスマスケーキが載っていないけど販売していないのですか?」など、多くのお問い合わせやお叱りをちょうだいしておりました。私自身が、お菓子造りに没頭するあまり、(これは、単なる言い訳にすぎませんが)、こちらの分野は後回しにしておりましたが、ここ昨今のスマホの浸透や何より自分自身がネット通販で家電やら何やらを購入するのが当たり前になった今、自分のお店(ホームページ)も考え直さないといけないと思い、この度、新しいホームページを立ち上げることとなった次第です。

結果的に自分自身、大変満足するホームページができあがったのですが、今回、このプロジェクトを進めていて改めて考えさせられたことがあります。それは、「人の力」の大きさです。このホームページを造るにあたり、当然、私だけでなくホームページの制作会社、カメラマン、従業員と多くの方々に携わってもらったのですが、各々の分野での知識や経験などが随所にぶつかり、融合していく様子はここ最近では自分が体験したことがなく、大変楽しい時間でもあり、大いなる発見でもありました。

約20年前、自分がお店を立ち上げたときに若い頃一緒に修行していた人と連絡を取り合う手段と言えば手紙、電話だったのが今では(電子)メールになり、原材料屋さんなど協力会社に商品を発注するのも電話を使っていたのがタブレットを使って発注をするようになるなど、ここ数年で社会そのものが大きく変わりました。私が、お店をオープンしたての頃、協力会社の方と連絡をとり合うにはポケットベルで呼び出してもらっていたのですが、今の20代の人にポケットベルと言っても知らないのでしょうね。技術が進歩し結果、確かに、大いに便利になったとは思うのですが、対面販売を主とする洋菓子店を営む者としては何か違和感のようなものを感じていたのも事実です。人とのつながりを大切に考えているル・サントーレにとって「そもそもホームページが必要あるのか?」と常に心の片隅に思い留めながら進めてきたプロジェクトではありましたが、先ほどの方々とのやり取りをしている内にこの考え方が大きく変わりました。

ル・サントーレの新しいホームページは、「人の力」が結集したものだと思っています。このホームページを活用して多くの人に私の、ル・サントーレの店造りやお菓子造りの考え方、商品開発や、その裏側なども発信していき、みな様とのつながりを感じてみよう、感じることができるのではないか。今は、そのように思っています。そのために、このブログを書くことにしました。ただ、まだ不慣れな点や生来が筆不精な性質なので、読みづらい文章だったりするとは思いますが、このところは何卒、ご容赦ください。

また、最後になりますが、このホームページを一新するにあたり、多くの人にご助力をいただきました。この場を借りてお礼申し上げます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP